裁判で使われる法律用語について

裁判で使われる法律用語について知りたいなら、専門の辞書を利用することをおすすめします。辞書といえば、六法を思い浮かべるかもしれませんが、これはあくまで法令が載せられているだけで、具体的な言葉についての解説が書かれているわけではありません。そのため、それについて知りたければ別の方法で知るしかありません。そして、専門の辞書には、ふつうの辞書と同じように、言葉の意味を五十音順に調べられる仕組みになっています。そのため、裁判で使われる法律用語について調べることができます。これでわからない場合は、詳細な解説書を読むと理解できます。

法律を知らなくても裁判はできる

法律を知らなくても、裁判を起こして争うことはできます。しかし、相手が弁護士をつけてきた場合、素人と弁護士が戦うことになるので、かなり分が悪いです。相手が弁護士をつけてきたら、こちらも弁護士を雇って戦わないと、負けてしまって、目的が果たせなくなるかもしれません。法律を知らなくても裁判はできる理由としては、弁護士が代理人になってくれるからという理由が大きいかもしれません。自己破産のように、自分で調べながら手続きを進めて、かなり安くすませられることもあります。しかし、失敗をしてしまう可能性もそれなりに大きくなるので、結果的には弁護士に依頼をしたほうが安くついたと後悔することもあります。

新着情報

↑PAGE TOP